みんにあ事件簿:りんごとみかんの逆襲!?

DSC_0480

前回、『何者かによって陶器のエサ入れが破壊された事件』以来、この地域で似たような被害が続出しています。

私は同一犯の犯行の可能性が高いとして捜査を続けていました。

 

DSC_0446

今回の被害者はピアノの上にお住まいのリンゴさんとミカンさん。

彼らが寝ている間に、何者かが住居に入り込んで来て、自分達を蹴飛ばしていくとのこと。

 

ピアノから蹴落とされ、床に転がっていたところを発見されたミカンさん(当時4才)は、

『私たちが布製だったから良かったものの、もし本物だったら今ごろグチョグチョで大変なことになっていた』

と証言していました。

 

私は事件解決のため聞き込みを続けていましたが、目撃者がいないため捜査は難航。

膠着状態に陥っていました。

 

 

そんなある日、リンゴさんとミカンさんから『現行犯で犯人を逮捕した』という連絡が!

私がかけつけてみると、、、

 

 

猫とぬいぐるみ

そこには、リンゴさんとミカンさんとみんにゃさんの3人が!

お2人曰く、

「住居に割り込んできて、寝返りとともに自分達を蹴り落とそうとしたところを、取り押さえた」

ということです。

 

みんにゃさん本人は、「寝ている間の話だから覚えていない」と供述し、

ピアノの上に残されている、みんにゃさんのものと思われる大量の白い毛に関しても、「抜け毛の季節だから仕方がない」と、犯行との関係を否認しているようです。

 

DSC_0436-1

なお、リンゴさんとミカンさんの行動に関して、「過剰防衛ではないか」との批判もあがっていますが、

みんにゃさんは全く苦しそうにしている様子ではなく、直後にこの状態で再び眠りはじめたため、

「2人のことを、むしろ心地よい毛布かクッションのように捉えていたのではないか」と専門家は分析しています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ