『アクアリウムのつくり方・楽しみ方』の書籍レビュー

アクアリウムのつくり方・楽しみ方

『アクアリウムのつくり方・楽しみ方』

  • 監修:千田義洋(せんだ よしひろ)
  • 出版社:成美堂出版
  • 出版年:2010年
  • ページ数:160p
  • 価格:1200円+税

 

ひとことでいうと?

水槽の写真・レイアウトがすごくキレイ!

全くの初心者が魚を飼うための本というよりも、そこから一歩ステップアップして、こだわりの『アクアリウム』を始めるための本

 

目次

  1. 美しいアクアリウムの世界p4
  2. アクアリウムの始め方p13
  3. レイアウトの流れp27
  4. 水槽カタログと熱帯魚の紹介p117
  5. 水槽のメンテナンスp145
  6. 用語解説・索引p154

 

レビュー・感想

テレビ番組『TVチャンピオン』の「水中ディスプレイ王選手権」にて、2年連続で優勝した千田義洋さんによるアクアリウム本。

魚の飼い方についても少しは書かれていますが、主に水槽レイアウトについての本です。

美しく見せるコツやお手入れのノウハウがたくさん紹介されています!

 

取り上げられている水槽の写真がとにかくキレイです。

色んな水草や魚・流木や石を使ったレイアウトが本当にセンス抜群で、見ているだけで感動します。

「とりあえず魚が飼えればいい」という状態からステップアップして、水草や流木を生かした『アクアリウム』を楽しむようになるための本です。

家を訪れたお客さんにも自慢したくなる水槽が作れるようになります。

 

もちろん、魚が健康に育ちやすい環境を作るという面からもしっかり解説。

それぞれのレイアウトに相性のいい魚も紹介されています。

 

といっても、この本で紹介されているすべての組み合わせを入門者が再現するのは現実的ではないかな?と思います

特に後半は、難易度の高い水草や高価な飼育器具を多用しているため、自分の家で真似するというよりはもっぱら本を眺めて楽しむ用です。

最初のいくつかは、入門者でもチャレンジできるレベルです!

 

この本がオススメな人

なんとなくでいいなら飼えるけど、さらにワンランクアップしたい人向けです。

 

飼育は全く初めてという人向けの説明も多少はありますがが、最低限のことは既に知っていることが前提になっている気がします。

「全く初めて」という人は、まずは他の入門書で概要をつかむか、色んなサイトで基本的なことを調べてからチャレンジするのがオススメです。

(このサイトも活用し、踏み台にしてください!)

 

とにかく登場する水槽の写真がキレイなので、眺めているだけでも楽しいのですが、

読んでるうちに、実際に自分の部屋でアクアリウムしたくなるに違いありません。(笑)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ