『アクアリウム オーナーズ・マニュアル』の書籍レビュー

2015-04-21-08.39.36

『アクアリウム オーナーズ…マニュアル』

  • 著者:Gina Sandford(ジーナ・サンドフォード)
  • 訳者:森文俊
  • 出版社:ネコ・パブリッシング
  • 出版年:2003年
  • ページ数:256p
  • 定価:2900円+税

 

ひとことでいうと?

圧倒的な情報量。しっかり知識を身につけてこだわりた人向けのマニュアル。

 

目次

  1. 序文p7
  2. 魚類の体のしくみp15
  3. 淡水性熱帯魚と汽水魚のアクアリウムp31
  4. 淡水の水草p103
  5. 海水魚のアクアリウムp111
  6. アクアリウムのセットとレイアウトp163
  7. 水槽の準備とセットの方法p177
  8. 飼育魚の世話と管理の方法p205
  9. 餌の種類と与え方p219
  10. 飼育魚の健康管理p227
  11. 飼育魚の繁殖p235
  12. さくいんp249

 

レビュー・感想

まず驚かされるのは、本編入ってすぐに解剖図(イラスト)付きで、魚類の体の仕組み・器官名が解説されていることです。

体型や目の位置、唇の形などから、食性その他が細かく考察され、分類されています。

飼育器具や水槽環境の作り方も、より専門的・科学的な視点から解説されています。

汽水魚や海水魚に関しても情報量十分です。

 

元は洋書。

ジーナ・サンドフォードさんによる著作の翻訳本です。

他の入門書のように、「飼育に必要最低限なことをなるべく簡単な言葉で」というコンセプトではありません。

 

しかし、決して読みにくいわけではありません。

文体はWikipediaに近いです。

文章の長さはもっと短いですが。

 

ここまで詳しく解説してもらえると、さすがに説得力が違います。

信頼出来る情報源です。

私はこの手の本が好きなので、読んでいるととてもワクワクします。

 

この本がオススメな人

上級者はもちろん、「しっかり知識を付けてから育成したい」という人にオススメです。

「難しいことはいいから、とにかく必要最低限のことを知りたい」という人にはあまり向いていません。

(そういう方には、こちらの本がオススメです→「『はじめての熱帯魚&水草パーフェクトBOOK』の書籍レビュー」)

 

理系・生物好きならば、解説を読んでいるだけでワクワクすること間違いなしです。

中古ならAmazonでだいぶ安いようですし、手元にあっても損はないでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ