食酢でOK?大磯砂を酸処理してPH上昇を抑える方法

大磯を洗った後に+αの酸処理

食酢で酸処理

大磯砂をキレイに水洗いしたなら、そのまま水槽に投入してもOKです。

(水洗いの記事はこちら→『大磯砂の適切な量と洗い方とセッティングの方法』)

 

ところが、大磯砂には細かい貝殻などもたくさん含まれているため、そのまま投入すると水が弱アルカリ性に傾きます

弱アルカリ性を好む魚や水草の場合はそれでも良いのですが、弱酸性を好む生き物には少々過酷な環境になってしまいます。

また、タニシが大発生しやすくなります。

 

そこで、大磯砂を洗った後のプラスアルファのお手入れとして、酸処理をすることで弱アルカリ性化をかなり防ぐことが出来ます!

今日は、その方法を紹介しましょう。

 

100均のシートで砂を乾かす

DSC_0439

水洗いした直後の大磯砂は当然水に濡れています。

そのまま酸に投入しても、効果がかなり薄くなってしまいます。

ですから、いったんしっかり乾燥させる必要があります。

 

一番手っ取り早いのは、天気の良い日にシートの上に薄く広げて天日干しすることです。

夏の暑い日ならば、1時間もすれば完全に乾きます。

一方、冬や湿度の高い日だとかなり時間がかかります。

 

DSC_0438

シートは100均で入手出来るものでOKです。

私は防草シートを使いました。これ1枚で大丈夫です。

 

広げるスペースがない場合はベビーバス等を使う方法もあるようです。

こちらのサイトで紹介されています。

→『西日本トータルシステム:大磯砂の酸処理』 (別ウィンドウで開きます)

 

バケツで食酢につけて酸処理開始

DSC_0444-1

砂がしっかり乾いたら、2-3個のバケツに分けて入れます。

この時、大きな貝殻は手で取り除いてください。

小さいものはとけてしまうので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 

バケツに移しましたら、砂が少し浸るくらいの量のお酢を入れます。

 

DSC_0441-1

塩酸やクエン酸を使う方法もあるそうです。

私は一番安価に入手しやすい食酢を使いました。

 

どのスーパーでも売っていて、安全なのが利点です。

ただ、当然のことながらお酢の臭いが強烈なのが欠点です……(笑)。

 

1週間ほど放置

DSC_0446

お酢を入れたら、そのまま1週間くらい放置します。

プクプクと気泡が出てくるのが観察できます。

 

どこに置いておくかはよくよく考えて決めてください!

なんてったってにおいが強烈です。

家族が居る場合は同居人の了承をきちんと得ましょう。

マンション・アパート等で、お隣に臭いがもれる危険がある場合は控えた方が良いでしょう。

 

私は一軒家のベランダで処理しました。

ゴミが入るといけないので、ビニールやラップでフタをしました。

 

DSC_0443-1

1週間完全に放置するのではなく、ぬか床のようにたまにかき混ぜてください。

2-3日に1度で良いと思います。

こうすることでよりまんべんなく処理することができます。

肌が弱い人はビニール手袋や棒を使うと安心です。

 

1週間したら酸処理完了です。

お酢を捨て、もう一度しっかり水洗いしてから水槽に投入しましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ